宇土市公式ウェブサイト

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português


前のページに戻る

児童扶養手当

更新日:2017年4月1日

 父母の離婚等により父親または母親と生計を同じくしない児童を養育している母子・父子家庭等の生活の安定と自立を助け,児童の福祉の増進を図ることを目的として,児童扶養手当が支給されます。

受給資格者

 父母の離婚等により,父と生計を同じくしていない児童(満18歳に達する日以後,最初の3月31日までの間にある方)を養育している母,母と生計を同じくしない児童を養育し,かつ,生計を同一にしている父,または,それらの父母にかわってその当該児童を養育している方です。

なお,児童が中程度以上の障害を有する場合は,20歳未満まで手当が受けられます。ただし,父母又は養育者が次のような状況の場合は支給されません。

  • 日本国内に住所がないとき
  • 養育者の場合は児童と別居しているとき

※公的年金給付を受けることができるときは,年金額が児童扶養手当額より低い場合にその差額分の手当を受給できます。

対象児童

  • 父母が婚姻(内縁関係を含む)を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が重度障害(国民年金の障害等級1級制度)にある児童
  • 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻によらないで懐胎した児童

ただし,児童が次のような状況の次の場合は支給されません

  • 日本国内に住所がないとき
  • 児童福祉施設等に入所又は里親に委託されているとき
  • 父または母の配偶者(事実上婚姻関係の場合を含む)に養育されているとき

※父または母の死亡について支給される公的年金を受け取ることができるときは,年金額が児童扶養手当額より低い場合にその差額分の手当を受給できます。

 

申請手続き

 事前に受給資格や家族状況について,面接(聞き取り)を行います。次の書類を添えて,市子育て支援課へご提出してください。下記1,2,3については,子育て支援課に備えてあります。

  1. 認定請求書
  2. 養育費等に関する申告書
  3. 年金調書
  4. 所得証明書
  5. 受給者と対象児童の戸籍謄本
  6. 健康保険証(受給者と対象児童分)
  7. 預金通帳(受給者分)
  8. 年金手帳
  9. 印鑑

個人番号(マイナンバー)の利用開始について

  平成28年1月から,児童扶養手当申請などの手続きの際には,個人番号確認書類と本人確認書類が必要になります。

個人番号確認書類の例
  • 個人番号カード(本人確認書類は不要です。)
  • 通知カード
  • 個人番号が記載された住民票の写しなど
本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カードなど顔写真が付いたもの

  上記をお持ちでない場合は,健康保険証,年金手帳など2種類の提示が必要です。

 申請者(受給者)の個人番号記載のほかに,児童・配偶者・扶養義務者の個人番号記載が必要な場合がありますので,必ず事前にお問い合わせください。

手当額等

 受給者等の所得状況および対象児童数に応じて手当額が決まります。 

表:手当額一覧
区分全部支給一部支給
児童1人のとき42,290円42,280〜9,980円
児童2人のとき52,280円 52,260〜14,980円
児童3人以上のとき

1人当たり加算額

5,990円

 1人当たり加算額

5,980〜3,000円

※児童扶養手当法の改正により,上記手当額へ変更となりました。 

手当額の一部減額について

 手当を受給できるようになった月から5年,または支給要件(離婚や死別等)に該当した月から起算して7年を経過したときは,手当の一部が制限され,一部支給停止の対象となります。

特例

 受給資格者が,認定請求をした日において,3歳未満の児童を監護(面倒を見る)している場合は,「支給開始月の初日から5年」は,対象児童が3歳に達した日の属する月の翌月の初日から起算します。

受給資格者が,上記一定期間後において,身体上の障害等がある場合は,その該当期間中は減額の規定が適用されません。

支給期月

 手当は,申請があった翌月分から支給されます。11日が土日・祝日の場合は,その直前日が支払日です。

  • 12月分から3月分の手当…4月11日支給
  • 4月分から7月分の手当…8月11日支給
  • 8月分から11月分の手当…12月11日支給
支給制限

 受給資格者の前年の所得が,下表の扶養親族等の数による所得制限額以上の場合は,手当(8月分から翌年の7月分まで)が,全部又は一部支給停止となりますのでご注意下さい。

 また,配偶者や受給者と生計を同じくする扶養義務者(父母・祖父母・子・兄弟姉妹等)の所得が下記限度額以上であった場合は,全部支給停止となります。

 

表:限度額一覧

扶養親族等の数 (人)

本人

(全部支給所得額)

本人

(一部支給所得額)

孤児等の扶養者,

配偶者,扶養義務者

(所得額)
 0 190,000 1,920,000 2,360,000
 1 570,0002,300,0002,740,000
 2 950,0002,680,000 3,120,000
 3 1,330,0003,060,0003,500,000
 4 1,710,000 3,440,000 3,880,000
 5 2,090,000 3,820,000 4,260,000

本人の所得に,児童の父から受け取った養育費の額の8割を算入します。

※児童扶養手当の所得制限を受けている方で,災害により住宅などに被害があった方は,児童扶養手当の所得制限を受けている方で、住宅などに被害があった方へのお知らせをご確認ください。

届出の義務

現況届

 毎年8月に受給資格の確認と8月分以降の手当額を算定するため,現況届の提出が必要になります。この届を提出しないと,8月分以降の手当が受けられません。

 なお,現況届を2年間続けて出さないままにしておくと,手当を受ける資格そのものがなくなってしまいますのでご注意下さい。また,偽りその他不正な手段により手当を受けた場合,3年以下の懲役,または30万円以下の罰金に処せられます。

 手当の受給資格者へは,8月初旬までに関係書類を送付します。

受給資格喪失届

 以下のような場合には,手当を受けることができませんので,早急に喪失届が必要です。届出をせず,手当を受けた場合は,資格がなくなった月の翌月分以降の手当をすべて返還していただくことになりますのでご注意下さい。

  • 婚姻したとき
  • 内縁関係・異性との同居等,事実上の婚姻関係となったとき。同居でなくても頻繁に定期的な訪問・生活費の援助がある場合など
  • 対象児童を監護(養育)しなくなったとき
  • 児童が施設入所したり,里親に委託されたとき
その他の届

 各届出の用紙は,子育て支援課に備えてありますので,印鑑と証書をご持参下さい。

  • 額改定請求書・・・手当の対象となる児童数に増減があったとき
  • 氏名変更届・・・氏名が変わったとき
  • 住所・支払金融機関変更届・・・それぞれ変更の場合
  • 証書再交付・亡失届・・・証書を破損,紛失したとき

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇土市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

宇土市役所 健康福祉部 子育て支援課 子育て支援係
電話番号:0964-22-1111 (内線:420・421)この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • くまもとGPMap
  • 宇土市企業立地ガイド