• 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어

文字サイズの変更

  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

前のページに戻る

船場橋界隈

更新日:2011年1月30日

川に下りるための石段船場橋近くの川岸には川に下りるための石段や船着場跡があります。 川のほとりは江戸時代に宇土細川藩蔵屋敷があったところで,武家屋敷や井戸なども残されています。 時代の流れとともに大きく姿を変えた市街地の中にあって, この界隈は江戸時代の名残をとどめるスポットとして市民に親しまれています。

また,船場橋は江戸時代末期に造られた浜戸川の支流,船場川に架かる石造の単一アーチ橋で石材には馬門石を使用しています。 当時の肥後の石工たちの優れた技巧が今なお残っています。

 


船場橋から宇土細川藩蔵屋敷を望む船場橋船場橋から石段を望む

宇土市デジタルミュージアムでもご紹介しています。

ミュージアムバナー


アクセス


施設概要
所在地 宇土市船場町
アクセス JR宇土駅から車で約5分
駐車場 なし
お問い合せ 宇土市経済部商工観光課 TEL.0964-22-1111(内線612・613)

 



お問い合わせ

宇土市 経済部 商工観光課
電話番号:0964-22-1111


前のページに戻る