• 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어

文字サイズの変更

  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

前のページに戻る

轟泉水道と轟水源

更新日:2011年1月30日

轟水源の風景

細川支藩(3万石)初代細川行孝公が宇土入部後,ここを水源として 4.8kmの市街地まで上水道をつくったのが始まりです。 今でも100戸余りの人々が生活用水として利用し,現在使われている上水道では日本最古といわれています。 水源の轟水源は,歴史的価値も認められて環境省選定“日本名水百選”に選ばれています。 

  またここの水は,昔から肥後の名水として折紙が付き,特にお茶に適し,飲料水のほか灌漑用水,防火用水として幅広く使われてきました。 近年は,中秋の名月の日に,水源の水を使った名水名月茶会が轟御殿跡で催されています。


 轟水源の記念碑名水名月茶会の様子名水名月茶会の夜の様子


 


 


 


 

 

 


宇土市デジタルミュージアムでもご紹介しています。

ミュージアムバナー


アクセス

 

 

施設概要
所在地宇土市宮庄町
アクセスJR宇土駅から車で約10分
駐車場あり
お問い合せ宇土市経済部商工観光課 TEL.0964-22-1111(内線2209)

 



お問い合わせ

宇土市
電話番号:0964-22-1111


前のページに戻る