• 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어

文字サイズの変更

  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

前のページに戻る

曽畑貝塚

更新日:2011年1月30日

曽畑式土器大正から平成にかけて数回発掘調査が行われています。 近年の発掘調査では,ドングリの貯蔵穴が62基発見されて注目されました。 この遺跡から出土する曽畑式土器は,九州縄文時代前期(今から約6000年前)の最も代表的な土器です。 もともとは,朝鮮半島で作られていたものが,しだいに九州に伝わり,宇土にも伝わってきたと考えられています。


宇土市デジタルミュージアムでもご紹介しています。

ミュージアムバナー


アクセス


より大きな地図で 花園地区 を表示

 

施設概要
所在地宇土市岩古曽町
アクセスJR宇土駅から車で約10分
駐車場-
お問い合せ宇土市経済部商工観光課 TEL.0964-22-1111(内線612・613)



 



追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

宇土市 経済部 商工観光課
電話番号:0964-22-1111


前のページに戻る