• 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어

文字サイズの変更

  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

前のページに戻る

山王まつり

更新日:2011年1月30日

甘酒をかけあう男たち花園町佐野の山王神社に伝わる祭りで,約700年の歴史があるといわれています。 赤い着物を着て,猿に扮した15歳から30歳までの若者が「ホーライ,ホーライ」の掛け声とともに甘酒を掛け合うという珍しい祭りで, この甘酒がふりかかった者は1年間無病息災で過ごせると伝えられています。  祭りは旧暦11月の申の日に行われ,月に3回申の日がある年は中の申,月に2回申の日がある年は最初の申の日となります。

Q. どうしてサルの格好をしているのか?

A.このまつりが,山王神社の祭礼であることから,猿をその使いとする山王権現信仰との関連を指摘できます。また,猿を山の神の使いとする伝承は,我が国に広く展開しています。このことから,サンノンサンマツリにおけるサルは,収穫の終わった集落から,稲作の農耕に関わった神霊を山へと連れ帰る使者と考えられています。

Q. どうして甘酒が用いられるのか?

A.甘酒は収穫された稲の稲霊を象徴するものであると考えられ,この甘酒がかかった家や人は栄えるとされています。


酒を酌み交わす男たち山王神社の鳥居山王神社全景


山王まつりの動画

 

山王まつりの動画(WMV 約21MB)

 

アクセス 

 

施設概要
所在地宇土市花園町
アクセスJR宇土駅から車で約15分
駐車場-
お問い合せ宇土市経済部商工観光課 TEL.0964-22-1111(内線612・613)


お問い合わせ

宇土市 経済部 商工観光課
電話番号:0964-22-1111


前のページに戻る