前のページに戻る

船場橋の災害復旧に伴う解体工事 現地説明会を開催します!

  平成28年熊本地震で被害を受けた宇土市指定文化財「船場橋」について,現在災害復旧に伴う解体工事をおこなっています。
  この「船場橋」は,約160年前の江戸時代末期に架橋され,今回が初めての解体修理となります。解体にあたっては,仮設構造物である「支保工」(江戸時代からの伝統工法)を設置して作業を進めています。
  つきましては,下記日程で現地説明会を開催します。御興味がある方は,ぜひ御参加ください。

開催日時

      平成30年5月6日(日)
      10時〜(第1回),11時〜(第2回),13時〜(第3回)
      計3回開催(各回30分程度)

場所

      船場橋(宇土市船場町)

内容

      船場橋の被害状況や災害復旧工事について

備考

      少雨決行。
      事前のお申込みは必要ありません。御希望の上記時間帯に現地へお越しください。
      現地周辺には駐車場がありません。宇土市役所(仮庁舎)の駐車場を御利用ください。

木製の支保工(しほこう)設置作業

木製の支保工(しほこう)設置作業

ページトップに戻る

宇土市の施設案内

  • 資料館・収蔵館のご案内。宇土市の貴重な文化財を間近でご覧いただけます
  • 網田焼の里資料館
  • 宇土市大太鼓収蔵館
  • 轟泉資料館

リンク

お問合せ先

宇土市役所 教育委員会事務局 文化課  TEL:0964-23-0156