宇土市公式ウェブサイト

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português


前のページに戻る

元樹だより 平成31年2月

更新日:2019年2月1日

市長写真(元樹だより平成29年1月〜)

 去る1月3日,熊本県北部を中心にマグニチュード5.1の地震が発生し,和水町では最大震度6弱を観測しました。被災された皆さまには心からお見舞い申し上げます。

 本市においては震度3を観測。幸いにも被害が出るほどの大きな揺れは生じませんでしたが,地震発生直後のテレビ等による報道も相重なり,熊本地震の悪夢が一瞬脳裏をよぎりました。その一方で熊本地震から1000日が経過し,時間とともに危機管理意識が薄れつつあるのも事実です。地震,台風,大雨等,災害はいつ起こるか誰も予測することはできません。そのため,食料品等の備蓄,避難場所や避難経路の確認等,日ごろからの災害に対する備えが大事になります。

 今回の地震は,“災害に対する日ごろからの心構えと準備の大切さ”をあらためて思い起こさせてくれました。「備えあれば憂いなし」熊本地震での教訓を頭に刻み,皆さんも今一度災害への備えをお願いいたします。

 さて,火災や自然災害が起こった時に最も頼りになるのが,日ごろから厳しい訓練を積み,地域の実情に精通している「宇土市消防団」の皆さんです。消防団の皆さんは,自分の仕事を持っているにも関わらず,「自らの地域は自らで守る」という郷土愛の精神に基づき,昼夜問わない活動を通して,本市の安心安全なまちづくりのためにご尽力いただいております。熊本地震の際には,自分たちも被災しているにも関わらず,地域住民の安否確認や被害状況の確認,避難の誘導や呼びかけ等,迅速に防災活動を行っていただきました。

 今月24日に市防災センターで開催される「宇土市消防団消防点検」では,消防団の皆さんが日ごろの厳しい訓練の成果を発揮されます。この消防点検は,消防団員の職務遂行に必要な服装規律,機械器具,消防操法等の総合的な点検を行い,消防活動に万全を期すことを目的に実施するものです。花形の操法競技は各分団の精鋭たちが選手として出場します。

 選手の皆さんは,仕事を終えた夜間などに集まって練習に練習を重ね,ホースの延長や結合,そして小型ポンプの操作等の速さや正確さを競います。

 私は点検者として毎年参加していますが,団員の皆さんの迅速かつ的確な行動に感心するとともに,緊張感の中にも責任感に満ちた表情を拝見し,頼もしさと安心感を感じています。是非,多くの皆さまにご来場いただき,消防団員の意気込みを感じていただければ,本当に嬉しい限りです。

 災害を未然に防ぐことは難しいですが,日ごろの準備により,被害を軽減することは可能です。できることから一歩ずつ,市民の皆さまとともに,災害に強いまちづくりを推し進めていきたいと考えています。


お問い合わせ

宇土市役所 総務部 総務課 秘書係
電話番号:0964-22-1111 (内線:205・206)この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

カテゴリ内 他の記事


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ
  • 宇土市民体育館の愛称は「ecowin宇土アリーナ」に決定しました。

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • くまもとGPMap
  • 宇土市企業立地ガイド
  • 経済・財政と暮らしの指標「見える化」ポータルサイト