宇土市公式ウェブサイト

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português


前のページに戻る

家庭教育のヒント

更新日:2019年8月1日

様々な体験活動が子供を成長させる。

  体験は,子供の心の成長にとても大切です。

小さいころからの様々な体験を通して,子供は感覚を働かせ,運動をし,ものをつくり,想像します。

 また,様々な体験活動を通じて家族や周囲の人々,地域や社会のために何かをすることで,子供は喜びを感じるという,人間としてごく自然なあたたかい感情がわき起こってきます。

 子供にとって様々な体験が,いかに大切かを認識して,ゆったりのびのびとさせましょう。

 

青少年の体験活動の意義・効果

 体験活動は,幼少期から青年期まで,多くの人と関わりながら体験を積み重ねることにより,「社会を生き抜く力」として必要となる基礎的な能力を養う効果があると考えられています。社会で求められる仲間とのコミュニケーション能力や自立心,主体性,協調性,チャレンジ精神,責任感,創造力,異なる他者と協働する能力等を育むためには,様々な体験活動が不可欠です。

 また,体験活動は,自分自身との対話,実社会との関わり等を考える契機となります。自然の中で,これまで触れたことのない物に触れながら,その存在を認める経験を積むことで,大人になり思いどおりにならない状況に直面したときにも対応できる力が付くと期待されています。

 人間関係をうまく作れない,規範意識が欠けている,ささいなことでも感情を抑えられないなど,青少年が抱える様々な課題解決への一つのアプローチとして,また,課題の未然防止のためにも体験活動は有効とされています。楽しみながらいろいろな世界の入り口を見せることができる体験活動や,学校から離れた自然の中で人や自然とつながる経験などを通じて,日常の生活を客観的に見つめ直すことができます。個々の子供の状況と発達段階を慎重に見極めた上で,こうした教育の機会を提供することにより,基本的なコミュニケーション能力や生活習慣を身に付け,子供の社会性や「思いやり」など豊かな人間性を育み,人間関係形成力を育成することが重要です。

 そのため,幼少期から,家族や地域,自然の中での豊富な刺激と体験活動を発達段階別・学校段階間に連続して継続的に行うことが,一層効果的と考えられます。

(引用:文部科学省HP「特集 子供たちの未来を育む豊かな体験活動の充実」より一部抜粋) 

 

”子供には様々な体験活動をすすめましょう”

 

(参考資料「家庭教育手帳:小学生(高学年)〜中学生編」より)

 

 

 

 

 


お問い合わせ

宇土市役所 教育委員会事務局 生涯活動推進課 生涯学習係
電話番号:0964-22-6510この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ
  • 宇土市公式LINE 登録方法をご紹介!
  • 宇土市民体育館の愛称は「ecowin宇土アリーナ」に決定しました。

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • くまもとGPMap
  • 宇土市企業立地ガイド
  • 経済・財政と暮らしの指標「見える化」ポータルサイト