宇土市公式ウェブサイト

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português


前のページに戻る

「食品ロス」を減らしましょう!

更新日:2019年5月29日

「食品ロス」とは,食べられる状態であるにもかかわらず廃棄される食品のことを言います。

 日本では,この食品ロスが年間646万トン(平成27年度推計)発生しており,これは毎日大型(10トン)トラック1,770台分を廃棄していることに相当します。これを一人当たりに換算すると,年間一人当たりの食品ロス量は51kgとなり,一人当たりの年間の米の消費量に相当します。

 食品ロスの内訳は以下のとおりです。

  • 事業系廃棄物:約357万トン
  • 家庭系廃棄物:約289万トン

 このことから,食品ロスの約半分は家庭から出ていることがわかります。

  一人ひとりの心がけにより,食品ロスを減らしていきましょう!

 

家庭でできる取り組み

  皆さんは,消費期限と賞味期限の違いを知っていますか?消費期限は「過ぎたら食べない方がよい期限」で,賞味期限は「おいしく食べることができる期限」です。

表示されている食品例
  • 消費期限 弁当,サンドイッチ,惣菜,ケーキなど
  • 賞味期限 菓子,カップめん,缶詰,ジュースなど

 表示の意味を正しく理解し,賞味期限は過ぎてもすぐに廃棄せず,自分で食べられるかどうかを判断することが大切です。

 ただし,一度開封してしまった商品については,表示されている期限内でも早めに食べるようにしましょう。

 また,必要な食品を必要な量だけ購入すること,食材を食べ切ることも食品ロスの削減につながります。

 

外食時にできる取り組み

 事業系廃棄物の食品ロス約357万トンのうち,133万トンは外食産業から発生しています。その原因の多くは食べ残しです。

 このような中,食品ロス削減の観点から,飲食店での「食べきり」を促進する取組が広がってきています。

 外食時の「食べきり」促進に向けて,食べ手(消費者)と作り手(飲食店)双方の理解や実践を更に進めるために,下記ガイドを参考に食品ロスを無くしていきましょう。

 外食時のおいしく「食べきり」ガイド(PDF 約2MB)

  また,食べ手にできる取り組みとして「30・10(さんまる・いちまる)運動」があります。

 「30・10運動」とは,宴会時に最初の30分,最後の10分は食事を楽しみ,食べ残しを減らす運動です。

 宴会時等において「もったいない」を心がけ,食品ロスの削減に取り組みましょう!

 30・10運動チラシ(PDF 約153KB)


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には,Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は,バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇土市役所 市民環境部 環境交通課 環境交通係
電話番号:0964-22-1111 (内線:518・519・520)この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ
  • 宇土市民体育館の愛称は「ecowin宇土アリーナ」に決定しました。

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • くまもとGPMap
  • 宇土市企業立地ガイド
  • 経済・財政と暮らしの指標「見える化」ポータルサイト